お金の話(その5)

お金の話。その5。

 

お金について話すことはなんとなくタブーとされてませんか?

 

家庭でお金の話、どれくらい聞いたことありますか?

私が子供のころ、皆無に近かった(笑)。

 

お金の話を、自分の子供にすることは、

そういえば殆どしてはいませんでしたね。

 

人生で命の次に大切ともいわれるお金。

もっと話をする時間を持ってもよいかもしれません。

 

子供のころにどれだけ、小耳にはさんだ内容が

その後の人生に影響を及ぼすか、

考えたことあるでしょうか?

 

親が話する、お金に関する何気ない会話。

 

お金持ちにはなかなかなれない。

お金持ちはケチな人。

お金は汚い、等々。

 

働いても給料はしれているとか

お金がない、が、口癖になっていたり。

 

そんな何気ない口癖から、

お金に対するイメージが作られていきます。

 

多分、お金持ちの人は、

お金がない、が口癖ではないと思います、

多分ですが(笑)

 

子供に対して教育を考えるとき、

あなたはなんでもできる子よ、等

声をかける言葉とともに、

「お金はいくらでも稼げるよ」と

伝えるとどうなるでしょうか。

 

「お金はいくらでも稼げる」、と、

「お金は必要ならいくらでも回ってくる」、と、

話していくとどうなるでしょうか?

 

結構な、確率で、いいえ、まったくと言っていいほど、

自身が持っているお金のイメージがそのまま、

人生のお金に関する環境にあらわれています。

 

なので、お金に対してどんなイメージを持っているのか、

「お金とは○○である」

この○○にどんな言葉が入るのか

10個出してみてくださいね。

 

すると、自分が持っているイメージ全体像が浮かびあがってきます。

思いもしない結果になるかもしれません。

こんな風に思っていたのかと、びっくりかも。

 

その○○に入れた言葉そのままでよい、と思えるならOK。

もし変えたいと思うならば、○○に、

自分のなりたい姿を浮かべながら、○○を埋めてみて下さい。

 

理想の姿、ありえないかもと思えるような姿でも大丈夫。

浮かべたもの勝ちです。

 

脳に想像できることならば、

現実になることが可能です。

 

不可能ではないのです、可能なのです。

まずは想像から始めてくださいね。

 

そこからがスタートですから、

お金の創造は。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください