最近は何かと、高齢者についての

話題が満載。

そりゃそうです65歳以上の

人口割合、28.1%

(総務省2018年9月現在より)

 

1985年は10%だったので、

すごい速さでの高齢化社会です。

 

そんな中、子供が親の世話をしている方も

増えてます。

介護や病気でと、子供からすると、

逃げられないことですよね。

 

自分の親にはしっかりしてもらいたい、

と思っていても、年齢が高くなると

当然何かと気がかりなことが出てきます。

 

そこで、

子供として、親にはどのように、

いてほしいですか?

その思いを伝えたことありますか?

 

離れて暮らす親だと、年数回会うだけ。

正月とお盆、合わせて3.4日ほど?ですか

 

親の年齢を考えると平均余命まで

あと10年だとすると、4日×10年、

40日しか会えません。

 

その40日どのような関係でいたいですか?

アッという間に過ぎていく40日。

 

伝えたいことあったらすぐに

伝えましょう。

伝えられるうちに。

 

もし一緒にいる親だったら、

正直に心からの言葉で会話してますか?

 

離れていても、そばにいても、

親に対しては、いつでも子供です。

自分がたとえ60歳、70歳になっても。

 

ただ、時には一人の人間として、

見た時に、どういう人だったのか。

 

そんな視点ももって、

親のことを見守りたいですね。