今日は、上越で行われた、

笑いヨガ創始者Drカタリア夫婦、

特別講演に行って来ました。

 

普通の講演会とは一味違う!

来場者も、さすが笑いヨガをやって

いる人達、

笑顔があふれている!

 

最初に

新潟県中の笑いヨガクラブのラフター

セッション、

次にDr.カタリアによるセッション。

座ったまま笑う、立っても笑う!!

 

その後、Dr.カタリアの講演。

お話は

「笑いと内なる精神性」

「笑って生きる」とは?

 

その内容を少しご紹介すると、

 

人は宇宙に属している。

宇宙の一部。

 

生きていると良い事悪い事すべて、

パッケージで人生がきてる。

問題を恐れて避けるのでなく、

その問題に「おいでおいで」する。

すると、人はその問題で、強さが増す。

問題で成長する。

 

避けたいことを投げ捨てる時、

掴まないと投げられない。

人生で問題を掴んで、投げ捨てる。

投げる時は笑って)

 

人生で、ドアが一つ閉じると、次の

ドアが開く。

 

笑いヨガは、理由なく笑う。

人生で大変なことに直面した時に、

笑いヨガをしているかいないかで

違ってくる。

 

何か起こったとき「ああだ、こうだ」

と、人はストーリーを作るが、

「だから⁈」「・・・で⁈」と、

そんなときも笑う。

 

初めに、自分から、心から差し出すこと

をする。

自ら差し出す、お金でも時間でもよい。

それが何倍にも返ってくる

お金ではないかもしれないが)。

 

お金で、愛や、敬意を買うことは

出来ない。

 

笑いヨガワークをすると、人に対する

思いやりやさしさが培われてくる。

すると人との境界線がなくなって、

私もみんなの一部、みんなも私の一部、

となる。

 

 

講演会で、私にとって、一番響いた

言葉は、Dr.カタリアが、2006年

インドで達成者の賞を取ったとき、

気づかれたそうですが、

達成するのは自分のため。

貢献するのは人のため。

なので自分は「貢献者と呼ばれたい」と

スピーチしたそうです。

 

Dr.カタリア自身、

自分は有名になりたい、お金持ちになり

たいと思っていたときは全然なれなくて

この笑いヨガを「世界に対するギフトに」

と決めたとたん、世界に広がり、

賞を取ることに繋がり、有名にもなって

お金持ちにも成れたそうです。

(現在笑いヨガは世界110か国

に広がってます)

 

 

自分の達成ばかりを考えていたかもと

猛反省。

ならば自分は何を差し出せるのか?

 

自分自身、

まだまだ修行が足りないようです。

 

ラフターヨガインターナショナル日本

支部https://laughteryoga.jp/