唐松岳1泊二日

今日のご来光。

 

山登りは好きですか?

 

なぜ山へ登るのか、

 

そうですよね、

何時間も歩き、頂上を目指す。

 

頂上目指しながらも、

頂上目前にして返ってくるしかない場合も。

 

どこがおもしろいのか。

 

登頂した時の、あの感動と、

その場でしか見られない景色。

 

しんどい思いをしても、

それがあるから、山へ向かう。

 

なんだかんだ言っても、

ただ、面白いし、楽しいのです。

 

この唐松岳、北アルプスの真ん中辺。

 

健脚の人なら日帰りもできますが、

一泊の予定で山登り。

 

八方尾根スキー場のゴンドラリフトを

乗り継いで、降りた八方池山荘から、

約4時間ほどで、唐松岳山頂小屋。

 

昨日はガスがかかって景色は一つ、

そのおかげで涼しかったのですが、

登りは汗だく。

 

山頂小屋には午後1時ごろ到着

そのあとは4時45分の夕食までお花観察。

 

朝は4時起きで、頂上を目指す。

ガスがかかったりまた開けたり。

ですがご来光の時間にはばっちり。

 

剣、立山連峰が朝日を浴びてきれい。

 

不帰のキレットから白馬方面。

 

五竜岳の奥、遠くに、槍ヶ岳が。

 

風が強く、寒さに耐えつつ

一時間ほど、頂上にいました。

 

この景色は、ここでしか、

みられないんですもの。

 

白馬三山方面は、すごい勢いで

ガスがずっと流れてました、

 

下山は朝7時半にスタートし、

途中、雷鳥親子にも、遭遇。

天気も良く、白馬の稜線を見ながら、

11時にはふもとまで降りてきました。

下りは3時間ほど。

 

八方はゴンドラリフトが使えるので、

比較的簡単に、高度感を味わえます。

八方池散策なら2時間足らずで着けます。

 

山登り気分味わいたい人はお勧めです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください