先月手に入れた、中島聡著「結局、人生はアウトプットで決まる」

今年は自分ではアウトプットの年だなと、考えていたところに、

本屋で見つけたこの本。

 

昨年9月には出版されてた本ですが、私の目に留まったのは先月。

 

ちゃんとその時にならないと、目に入らないんですね。

 

去年、face bookの投稿もなぜか抵抗があって、最後の投稿ボタンを押せず

にボツにした投稿、いくつあっただろう?という状況。

去年6月からHPでブログ書く場所はあったのに、投稿は数件。

 

なのですが、令和になって、何故かブログ投稿、続いてます(笑)。

 

去年も書いていて、自分の考えを外に出すこと、文章化することのは、

楽しみではあったのです。

ですが、公にすることに抵抗があったのですよね。

 

何故か?

子供の時は作文は苦手。書くことで評価されることへの抵抗?

 

ただ単に、自分自身の、自己評価が低い事を、表に出して知れてしまう、

評価低い自分を認めたくない、と持っている自分がいる、ということが、

わかったのですよね。

 

そこが解ったから、というか、人から評価してもらわなくとも自分を

判っている。

 

頭の中はパンパン。

自分の中の言葉を、アウトプットしよう、と思えました。

 

この「結局は、人生は・・・」にも

初めはご自身の単身赴任中の、生存確認のために書いていたとのこと。

そこからご自身の興味ある分野に絞っていった。

 

この本には、今の私に必要な情報がたくさん。

一番響いたのは

「アウトプットにリスクなんてない」

 

もしアウトプットに躊躇しているなら、この本お勧めです。