自分の選択

紫陽花の色。

青色の紫陽花は土壌が酸性、ピンク色の紫陽花は中性からアルアリ性。

土によって色が変化することはご存じだと思います。

 

人間にとって、紫陽花の土壌のような役割は

何になるのでしょ?

親の教育?環境でしょうか。

 

よく、自分の人生を語るとき、

「親は選べなかった」「こんな環境だから仕方ない」

など、言いがちではありませんか?

 

ですが、一つの考え方として、

自分はこの親を選んで生まれてきた、と考える

ならば、この親を選んだ理由は何だろうか?

 

こんな環境だから仕方がない、ではなく、

こんな環境を自分が選んできたとしたら、

自分はなぜこの環境をえらんだのか?

 

全ては自分が選択をしてきた、と考えた時、見えて

くる景色が変わってきませんか?

 

自分は

受け身で環境に影響を受ける人生、と考えるか、

自分の選択でこの環境を選んだ人生だ、と考えるか。

 

どのように考えるかも、選択です。

どちらの考えでいるかも、選べるのです。

 

あなたが窮屈にならずに、自分自身の人生を

生きていると、思えるなら、どちらの考えでも、

あなたにとっての最善な選択です。

 

ただ、窮屈な人生と感じたり、本当はこんな

はずではなかったと思うならば、今からは

過去の自分の考えから違う考え方へ切り替える

選択をしませんか?

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください