記憶する その1

あなたは、記憶力、ある方ですか?

私は苦手です。

 

学生時代、勉強するといえば、ほとんど記憶力勝負。

 

NLP(神経言語プログラミング)を学んで、自分は見る事(V)、

聞くこと(A)、感じる事(K)のうち、kが優位と判明。

 

なので机に座ったまま、黒板を見ただけ、先生の話を

聞くだけでは、なかなか記憶できなかったんだと。

 

kは体感覚なので、このタイプの人は、身体を動かしながら、

記憶する方が覚えやすいのです。

 

このことを判っていたら、もっと学校の成績は優秀

だったかも。

 

ですが学校で学んだことをその場で覚えるために、机を離れて

歩き回るなんてことはできません。それを今すると学級崩壊。

 

そう考えると今の日本の座学での教育は、見るV、聞くA、

が優位な人が、成績優秀に?!

 

体感覚k優位の人にもあった、座わって受ける授業以外の方法で、

教えてほしかったです。

 

さて、人生において普通、楽しかった思い出や、悲しかった事、

怒った事、など、記憶は、過去の体験と結びついていると思います。

 

その記憶も、見て、聞いて、身体で感じたからこそ鮮明に

覚えていますよね。

 

よい思い出ならいいのですが、嫌な思い出も、忘れたいのに

忘れられない、てことありませんか?

 

そんな記憶を、嫌なものから、普通の記憶へ、変化させる

こと出来るのです。

 

それはその記憶にある、見たもの、聞いたもの、感じたことを、

変化させることで。

 

その方法は、明日その2で。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください