昨日は3年に一度の、習っている日本書法院翠光書道教室の展覧会。

3年前は見るだけだったが、今回は身の程知らずかとも思いながらも、出品。

頂いた手本をもとに何とか書いたものの、出来上がりは自分では80%。

それでも額に入れて、飾ってあるのを見るとまんざらでもなく、うれしい。

書もいろいろ流派があるけれども、ご縁があって習い始めて4年。

だんだんと奥深さと、難しさを感じ、その難しさに挑戦していくことが、

今は楽しみになっています。

夜は特別にお寿司屋へ。

甘エビが大好き。おいしかった。