昨日は伯母の葬儀がありました。

父と年が離れた姉、93才という年齢は大往生とも言えると思います。

子供の時はよく行き来があってもここ30年ほどは会っていなかったのです

が、今回、葬儀で何年かぶりに会う、いとこ達と、昔話に花が咲き、

葬儀という普通なら悲しい場面でありながら、控室では結構にぎやかな場面も。

 

50年以上前であろうアルバムの写真を見るとなんと懐かしい。

伯母も若くてきれい!40年前に亡くなっている祖母と一緒に写ってる。

父の若い時、あまりに美男子?本人が見ても自分とは思わず!?

我が家系は美男美女の家系と、みんなで盛り上がり。

 

親族一同、いとこやまたいとことかに会うという機会は、こんな機会でも

ないとなかなかありませんね。

自分のルーツ、血のつながりを考える、よい機会になりました。

 

自分の親、父と母で2人、そのまた親がいるので4人。

そうやって10代遡ると1024人、そのまた10代遡ると約100万人。

30代前まで遡ると、約10億人!!

単純に20歳で子供を産んでいたとするとたったの600年前!

600年前の室町時代の人口は推計で1000万人いるかいないからしい!

こう考えると30代前遡ると元はみんな血縁?

そしてその1024人、100万人の人、誰が欠けても

私はいなかった!と考えると、

なんとありがたい、素晴らしいこと。

 

意外とすぐそばにいる他人と思っている人も

何分の一かは繋がっているかも。

そう考えると人の繋がりって面白いですね。