NLP(神経言語プログラミング)の前提 その6

NLPの前提に

「人は必要なリソースのすべてを、すでに持っている」

というのがあります。

 

ゴールや目標を設定して、それを成し遂げるための必要な知識や物、

経験であったり資質であったりも含め、そのことをNLPではリソースと

いいますが、すでにその方はリソースを十分に持っていると考えます。

 

人は目標を設定しても、なかなか達成できないとかになったときには、

自分には〇〇が足りない、それがないから達成できない、とか考えが

ちではないですか?

 

人は自分がすでに持っている物より、不足している部分や、マイナスの

部分を大きく見てしまいがちです。

 

よく投資の世界でも、益が1万円ある状態と、損が1万円ある状態では、

マイナスの損が、プラスの時の喜びより、約3倍以上に痛みとして感じ

てしまうそうです。

 

すでに持っている自分の価値を正確に、自分では認識できていないかも

しれません。

 

すでに自分にはその経験も素質も何もかも、持っていると考えて、

目標を考えた時、まず何が出来ますか?。

 

そんなスタンスから第一歩をすすめていきたいですね。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください