子供の頃、我慢強いね、

何て言われたことありませんか?

 

そんな時、褒め言葉として受け取っていましたが、

大人になって、我慢強い事は本当に褒められることなのか

と、疑問に思いました。

 

何か言いたいときに、それを言っても仕方がないとかも、と、我慢をして、言わなかったり。

何か痛みがあっても、我慢して、医者には行かない、なんてことも。

我慢できないほどのことだったなら、医者に行きますが。

 

少々のことなら、我慢してしまいますよね。

 

ですが、それって、本当に褒められること?

正しいこと? なのでしょうか。

 

本来なら、何らかの行動に移すべきだったり、

解決するべきことがあるにもかかわらず、

それを避けるために我慢という形で

自分に納得をさせてはいないでしょうか?

 

自分が我慢すれば丸く終まるとか、

我慢しておけば波風たたないとか。

 

周りに配慮しすぎて、自分の本当の心を、

ないがしろにしてしまっていませんか?

 

あなたの本心はどうですか?

本心に忠実に、行動をするとしたら、

それは我慢ですか?

それとも違う行動?

 

周りに気を使いすぎたり、配慮しているつもりでも、

あなたの本心を無視した行動かも。

 

一番はあなたの本心。

それを大事にしてよいのですよ。

 

我慢しすぎると、身体に不調をきたします。

 

もしかしたら、自分だけ我慢すれば、

と考えていたとしても、

周りにも我慢をさせている可能性もあります。

 

お互いに我慢比べしているかもです。

 

我慢をしても、何もよい事ありません。

あなたの本心を、表に出してください。

 

案外と、周りも同じように我慢してたことがわかったり、

物事が解決して、前に進んでいきます。

 

あなたの心に素直に

行動してみてくださいね。