1人で落ち込みそうになったなら

今の緊急事態宣言。

 

自宅にこもりっぱなしであったり、

人と会話できなかったりで、

落ち込みそうになってませんか?

 

ソーシャルディスタンスと言われ、

外でも家でも会話を控え気味。

 

そうすると、普段は元気な人でも、

暗くなりますよね。

 

特に、この時期、北国の地方では、

毎日が曇り空で、雨や雪。

 

空を見上げて太陽が見えないことが、

すごく悲しいときあります。

 

そんなときは、

無理やりにでも、口角をあげて、

笑い顔を作ってみてください。

 

気分が落ち込むと、笑顔になれませんが、

笑顔を無理やり作ることで、気分は上がります。

落ち込めません、本当です。

 

気分というのは、身体から作られます。

胸をひろげて、上を向き、口角をあげる。

そうすると、落ち込めないのです。

 

落ち込んでいる時、身体は、

背中を丸め、顔は下を向き、

口はへの字状態のはず。

 

まずは鏡を見て、笑顔つくりをしてみて。

 

そして、外を20分程でもよいので、

散歩してみてください。

 

心配ならマスクをして。

できるならマスクをせずに、

思いっきり肺に空気をいれて、深呼吸する。

 

そうすると、身体が目覚めます。

そして、自分が一番幸せだったこと、

楽しかったこと、うれしかったことを、

思い出して。

 

その幸せな出来事の時、

周りに誰がいましたか?

その人と、直に話せないなら、

電話ででも、その時のことを話する機会を設けてみて。

 

些細な会話でもよいのです。

1人で考えてばかりいると、

悩みが膨らみがち。

 

特に意味がなくてもよいのです。

些細なことでも、伝えて聞いてもらう。

 

もし、元気のない友人だったり、人がいたら、

声をかけてあげてください。

 

悩みは一人で抱えるより、

二人でわかちあいましょう。

 

暗いニュースを見るより、

大好きな音楽を聴いたり、

外に出て散歩する、おいしいものを食べる。

すると笑顔になれますよね。

 

それが一番の免疫をあげる方法かもですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください