何気に親から言われて、

トラウマとまでは行かなくても、

今思い出すと、あの時はショックだった、

という出来事はありませんか?

 

今ならわかるのですよ、

親が冗談で、言っただけの事だと。

 

ですが、言われたことで、

その時はすごくショックだった。

 

実は私にもあります。

 

親が5歳の私に、

「あなたはそこの橋の下から

拾ってきた子なのよ」

 

ええー?! てなりますよね。

 

まだ親と子の関係なんて

よくわかってもいないとき。

 

その時言われて、そうなんだ、と

変に納得をして、受け入れた。

 

また、親が教えてくれたことは正しい事、

だと、思っていたが、

小学校2年生でそれを発言をしたら、

それは間違っていた事、だったこと。

 

親の教えはすべて正しい事ではないのだと、

すごく落ち込んだ。

 

そこで学んだのは、

自分の子供には、軽々しく冗談を言わない、

知らないことは、一緒に調べるようにしてた。

 

子供が大きくなってからは

自分で調べるように伝えた。

 

ただ、小学校でのその出来事から

私は学校で発言をすることが

出来なくなっていたのです。

 

間違いを恐れて手をあげられない。

そんなことから積極的に友達を

作るとかが出来なかったですね。

 

でも、そんな出来事を振り返ると、

親の気持ちになってみると、

わかるのですよね。

 

わざと間違ったことを

教えたわけではないでしょうし、

子供の質問に一生懸命応えた

結果かもしれない。

 

受けを狙った答えだったのかも。

親も一生懸命だったのだと、

理解できるのです。

 

そう理解すると、

トラウマだと思っていた出来事も、

違う思い出として記憶に残る。

 

是非、忘れられない

繰り返し思い出してしまう、

嫌な思い出は、

さっさと、記憶を、

変えてしまいましょう。

 

相手の立場から物事を見る、

また、その出来事を、

第3者的に俯瞰して見てみるとどうか。

 

結果、まったく違う

記憶に変わるかもしれません。