9月も半ばをすぎ、

少し涼しくなってきました。

 

30年ぶり?の立山雄山へ、

登ってきました。

 

行く途中は曇り空。

アルペンルートを上っていくにつれて

雲が切れ、青空に。

 

称名の滝もきれいに見えて、

立山が望める、最高のお天気に。

 

室堂からの登山。

一の腰までは約1時間。

比較的歩きやすい道。

一の腰からは室堂より下に雲海。

槍ヶ岳もきれいに見えました。

 

その後、雄山まで、

傾斜が急、岩場続き。

 

登っている途中、

日が差しているので、

体感は暖かいのですが、

風邪が吹くと寒い。

 

登りなのに汗が出ず、

いつもの登山よりのどが渇く。

これは風が強かったせいですね。

 

室堂で6度だったらしいので、

実際の気温は1度以下だったかも?

風が吹くと体が飛ばされそうで、

ドキドキ。

 

予定2時間より少し遅れて到着。

雄山神社からの

景色は最高でした。

写真奥に見えるのは劔岳。

 

 

後ろ立山連峰、その奥にも、

山並みが見える。

よく見ると、富士山が!

写真真ん中あたり薄く富士山が!

 

ということは、奥の山々は

右が、鳳凰三山、

左が、八ヶ岳連峰か?

と勝手にウキウキしながら

山々を眺めていました。

 

登っている途中は、雲で気づかず、

雄山神社にいる10分の間に

雲が晴れて見えた富士山。

 

なんてラッキーなんでしょ。

この天気に感謝しました。

 

今回は2週間前に急遽決めたバスでの旅行。

天気に恵まれたことで、

立山に対する、好感度がアップ。

 

石川県民にとっては、

山と言えば白山。

その白山に並ぶ好きな山となりました。

 

来年はもっと紅葉の時期に、

来たいものです。