NLPの前提に、

「失敗はない、フィードバックがあるだけ」というのがあります。

 

普通失敗をすることは、いいことではない、悪い事と考えがちです。

ですが、過去を振り返って、あの失敗があったから、今こうしている、

ということがありませんか?

その失敗は、考えてみると本当に悪い事だったのでしょうか?

 

人生において、いろいろなことが起きますが、その出来事に良い悪いや、

成功したのか失敗したのかを決めるのは自分自身ですよね。

見方を変えると、真逆の価値になったりすることも多々あります。

 

過去に失敗をしてしまった、ということから、二度同じ結果にならない

ために、一生懸命考えることになり、次の新しい方法を見つけたりとか。

結構、新たな道が見えたりすることあります。

 

その経験が人生の学びになっているわけで、道を進めてくれます。

こう考えると、失敗は大歓迎、新たな学びの機会なわけです。

 

いままで人生にどれだけ失敗をしてきましたか?

そこからどれだけフィードバックを受け取りましたか?

失敗の数が多いほど、フィードバック、学びが深まったといえますね。

 

それは失敗ではないのです。失敗に思える事は、もしかして人生におい

ての宝物を発見できる最高の機会かもしれません。