NLPの前提に

「地図は領土ではない」

というのがあります。

 

この地図というのは、人が物事を見る見方や、考え方のことを言います。

人は物事を、自身の過去の経験から導き出された見方でみたり、考えた

りをしています。

 

例えば山に一緒に登るという経験も、一人は、晴れていて、景色がよく

お花もすごく咲いていた、気持ちがよかった。

一人は、人が多く登っていて、歩きづらく登りも下りもしんどかった、

など、どんな経験だったかは全く違うところに目がいっていて、そこから

の受け取る経験は、一人は山は気持ちよい経験、一人は、山はしんどい経験、

となります。

 

このように同じ出来事でも、見ているところ、受ける印象、導きだす結果は

人それぞれ違うということ、そして、それがそのことすべて(領土)を表してい

るわけでもない、わけです。

 

人は自身が導き出した地図を、その物すべて領土と思いがちです。

 

人それぞれ、地図があること。

地図は領土を正確確に表しているわけでないこと。

 

自分の地図はそのまま領土ではない事を、常に意識しておくことは

人とのコミュニケーションでは必要ですね。

 

同じ現在を生きている人でも、まったく地図がちがう世界、違う世界が見えているわけです。

 

そのように考えると、なんてパラレルなワールド!!