NLP(神経言語プログラミング)の前提に

「相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である」

というのがあります。

 

誰もが悩む、人とのコミュニケーション。

親子、夫婦、友人、上司など。

 

人間が生きている限り、人とかかわって生きています。

人とどのようにコミュニケーションをとるのか。

誰も教わったこと習ったことありませんよね。

 

子供のころは、親が、挨拶をしましょう、とか、嘘はいけません、とか一般的なことは教えると思います。

 

ですが子供として、身近な親とのかかわり方、

学生時代は友人や先生などの年上の人との付き合い方、

社会人になれば、各年代の人とのコミュニケーション方法を

学んでいかないといけません。

 

経験として学んできたコミュニケーション方法ですが、

人によって、今までの経験が、通じない、こちらの意図が伝わらない

経験をされたことも多々あると思います。

 

その意図をきちんと伝えるために必要なコミュニケーション能力。

その能力は、相手の反応によって、わかります。

意図が伝わらなかったら、伝わるように方法を考えないといけませんよね。

相手によって、方法を変える必要があるわけです。

もし思うような相手からの反応が得られないのであれば、それは自分自身のコミュニケーション能力を高めることが必要ということですね。

 

なかなか自分のコミュニケーション方法を、人によって変化させることって、できないかもしれません。

ですが、自分の意図をきちんと伝えることが、生きていくうえで必要なことですね。

ただ単に自分の好きな言葉で話しをするだけでは、コミュニケーションとは言えません。

 

では伝えるためにはどうすればよいのか。

 

簡単です。

まずは相手の話を聞く。

自分の話を聞いてくれた、理解してくれたとなると、人は相手の話も聞く耳を持ちます。

 

人は自分の話を聞いてほしいを思っているのに、人の話はあまり聞いていない!!

自分の話聞いてもらえる人とはコミュニケーションに苦労はないですよね。

 

あなたは人の話をじっくり聞いてますか?